ロシアレンズ2-発見購入編

ぐるぐるボケする安い中望遠レンズを求めて電子の大海を徘徊すること数日。

http://www.rugift.com/なんてページを見つけた。

ヘリオス売ってる!しかもEFマウントもあるじゃねーか!(歓喜
おまけに下手な日本の販売サイトより安い。

他にどんなレンズがあるのかしら…と見てみると、Tair-11A 135mm f2.8なんてのも目に付く。しかもこれ、M42マウントのに電子接点付きの変換アダプタついてるらしい。

…ん?ってことはMFだけどAFサポート受けれるんじゃん。待て待て、ヘリオスもM42マウントでアダプタかましたらいいんじゃね?と思い至る。

で、右下に出てくるチャット画面。広告かと思ったらこのページの中の人に直接質問できるらしい。

いくつか質問してみた。

ヘリオスは2015年製でシングルコートレンズ。フィルター径は67mm

Tair-11AはKMZ製(クラスゴルスク機械工場)の良品中古。シングルコート。一応検品後出荷とのこと。フィルター、ケースなし。レンズキャップは付くとのこと。フィルター径55mm
製造年は教えてもらえなかった。

あと二つ買っても発送は1梱包とのこと。私のダメダメ英語でもかなり丁寧きっちりと対応してくれてる。好感度アップ。うん、買おう。お金ないけどどっちも買っちゃおう!(理性が飛んでる)

いや、ほら、送金手数料とか、輸送費とかね。二重にかかっちゃうじゃん?(目をそらしつつ)でも700ドル、今のレートで30,000元か・・ちょっと高いなと二の足を踏む。買ったんだけど。

さてさて、逡巡はいろいろあったのだけど、購入者情報を入れてオプションでウェスタンユニオンを選んでぽちっとな…あれ?

Error…エラっとるがな。

問い合わせても向こうはシステムに問題ないよというので、クレカで決済画面まで行けたよと説明。ただ、日本のクレジットカードで台湾への発送できないと言われ…。そうしたらこっちでウェスタンユニオンに切り替えちゃる。とのこと。心強い。とりあえず、クレカでシステムから割り当てられたオーダー番号を先方に伝える。

※ここのシステムではクレジットカード決済選んでオーダーを確定したあと、手動による認証を求める英文メールが来ますが、これをしない限り、クレジットカードから引き落とされることはないとのこと。私の場合、先方がクレカによるオーダーのキャンセルをしてくれました。

先方から来た送金先情報がえらくシンプル(名前と国だけ!)なので(使ったことがない)確認したところ、ウェスタンユニオンの仕組みはこんな感じの模様。

g8080

送金後は送金番号と送金者の名前、送金国を連絡する。

台湾だと大衆銀行(TC Bank)が取り扱っていた記憶があったので、行くとやってた。30,000元ぐらいかかるだろうと思っていたら、700ドル+45ドルの手数料(高ぇ!)で25,000元ぐらい。あれ?安い。なんでもレートが以前より少し良くなったのよ。とのこと。
心もとない貯金を少しばかり減らさずに済む…。嗚呼買ってよかった(違
安く買えたのは望外の喜び。

ここまでしっかりサポートしてくれてサギだったら泣けるなぁ…。
12-20日ぐらいで届くそうなのでこれからまったり待つ。

広告

1件のコメント

  1. ピンバック: ロシアレンズ3-到着使用編 | lonelypumpkin

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中