綿谷江利菜@日暮里

Erina015

モデル:綿谷江利菜

さてこの人との関係はどっから話そう…。かれこれ8年前になるだろうか、私は台湾の某大学に留学していたのだけれども、その頃の「友人の友人」と評せば間違いは内容に思われる。

今は日本でドイツ語、英語、日本語のトライリンガル通訳や家庭教師、結婚式の司会などなどマルチに活躍されていらっしゃるお人です。需要があれば皆さんもぜひ上のリンクから彼女を頼ればいいと思うのです。明るく、テキパキというよりバキバキと仕事をこなすすごい人であります。

今回は春節に帰国した際に撮ってよーと言われたのでカメラを持って帰国したわけです。今回はHelios 40-2 85mm f1.5もEF24-70mm f4L IS USMも持っていきましたが、気が付けばEF50mm f1.8で撮ってるという酷いことに…あの重たい荷物はなんだったんだ!w

Erina007

場所は日暮里。いつもは成田からの乗り換えでしか降りず、改札抜けたこともなかったのですけれど。しかもロケハンなしの上、慣れない昼下がりのぶっつけ本番。怖い。これ、超怖い。しかもお互い素人。

しかも谷中と言えばしょうが…もとい、怪談というか寺と墓ばっかり。本当に寺と墓ばっかり。実は結構シュールな状況だったりしますね。

上の写真はお寺の門の前で。ポンチョ?の青、後ろの沈んだ紅、顔の白、口紅の赤などの対比を狙って。

Erina012

耳だけのパーツモデルなどもやっておられるそうで、撮影日も友人作のピアスをつけていらっしゃしました。

お寺脇の生垣を背景に。解放で。ロゴ位置もスカして真ん中に持ってきました。

…で、この写真、写真が黄ばむと有名なロシアのレンズ。その代表格であるHelios 40-2 85mm使ってるんですが、お肌が白いのなんのって…。あんまりやり過ぎると能面みたいになってしまうので、色調補正は少しにしてあります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中