イルコ・アレクサンダロフさんに会う

先日、台湾で撮影機材展があったので行った所、レンズ用フィルターメーカーSTCさんのブースで、日本最強のストロビスト(ストロボ使うカメラマン)のイルコ・アレクサンダロフさんと会うことができました。

その写真といったら他の素材を足したりするような合成は一切無しなのにどうみても芸術作品というような作品をバリバリ生み出していまして、何ていうかもう、出る言葉がありません。しかも日本に留学してからカメラを独学で始めて5年です。もう何がなんだか。

おまけにYoutubeで自分のメソッドほぼ全部公開してます。ご自身のYouTubeチャンネルの他、ストロボメーカーのNissinのページとか見てても結構ノウハウぶちまけてます。恐ろしい。もっともそれで真似出来ないところがイルコさんのイルコさんたる所以なのですが。

台湾での講演では自分の装備一覧だったり、心構えをお話されていましたが、試せることは全部試すし、何より台風だろうが雪だろうが全ての天気は撮影に最適!というアクティヴさ。そして、『台湾来る前も朝6時頃まで撮影してたけど、日本帰ったら空港の所で撮影始めて次の日の朝までぶっ通しで3本撮影ですよ』…と一瞬聞いただけでは意味がわからないことを言ってましたが、空港周辺とどっか2ヶ所で翌日朝までやり通すというタフさ。

流石です。

それで日本語で話してるの私だけだったので、結構長い時間を一緒にお話させていただきましたが、すごい。色々すごすぎる。そして調べれば調べるほど面白すぎる。ということで関西系ブルガリア人(違)のバターフェイスにやられてしまい、偽イルコセットを構築するのに至ったのです。

イルコさんは

  • Canon EOS 1Dx
  • Canon EOS 5DII
  • EF 135mm f2 L USM
  • EF 24mm f1.4 L USM
  • Nissin MG8000(残念ながら生産停止)
  • Cactus CB-60W
  • Cactus V6 / V6II
  • マンフロットのライトスタンド

を主な装備にしている感じなのですが、(昔は色々使っていたようですが)

私の場合、

  • Canon EOS 6D
  • EF 135mm f2 L USM
  • Nissin Di600
  • Pixel Pawn
  • Key Stoneのライトスタンド(台湾の器材販売会社のPB)

なんて、ほとんど似通った装備を持っていることに気がついてしまい…

気がついたらGodox のSF-6060とボーエンズマウントでストロボを固定できる台を購入しておりました…。

ほんとうに偽イルコセットです。似非ですが…ライトスタンドとか激重だし。

ちょっと撮影した感じのものはおいおい出していこうと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中